トップページ友の会のご案内返礼品のご案内交通案内 
高鍋式場 川南式場 新富式場 お悔やみ情報 喪家の作法 列席者の作法


■ご臨終直後
●自宅で亡くなられた場合
医者を呼び状況を確認してもらい、死亡診断書を受け取ります。
葬儀社に連絡し湯灌(故人を清める)等を行う。
●病院で亡くなられた場合
医師から死亡確認を受け、死亡診断書を受け取る。
故人を自宅へ移送する。
●事故で亡くなられた場合
警察の指示を受けるまで故人を動かさないようにする。
警察の検死を受け、死亡検案書(死亡診断書)を受け取る。
許可が下りてから故人を自宅に移送する。
★いづれの場合も弊社にご連絡を頂ければすべての手続き、移送などスムーズに行うことが
  可能です。安心してお任せ下さい。
■ご自宅に移送して
仏教 枕教:故人が成仏できるように祈ります。
神道 祭詞:故人の霊魂が再び帰ってくるように祈ります。
キリスト教 臨終の祈り:故人をしのび、別れを告げます。
■連絡
・近親者への連絡は長兄(長姉)に伝えそれぞれ連絡してもらうようにしましょう。
・勤務先への連絡は総務課・人事課に、その後直属の上司や故人の同僚などに連絡します。
・遺族の会社や学校に忌引き日数を確認します。
■通夜
・香典とは故人の霊に香の代わりに供えられるものですから心を込めた挨拶をしましょう。
・お悔やみには簡潔な言葉「恐れ入ります」「いたみいります」などが適当です。
・弔問客が故人や遺族の上司などでも出迎えたり、見送ったりはしません。
・通夜、葬儀のお手伝いはとてもありがたいものです。心配りを忘れてはなりません。
・最近では夜を通しての通夜はしません。10時頃には切り上げます。
■告別式の謝辞
故人に代わってお礼を述べるという態度が大切です。故人の経歴などにはあまり触れずに会葬御礼を
中心に簡潔に述べましょう。
■謝礼金の表書き
仏式 「御布施」
神式 「御祭祀料」
キリスト教式 教会へは「献金」、神父・牧師へは「御礼」、席料は「御席料」「志」
■法要・返礼品
法要のスケジュール、返礼品についてはこちらをご覧下さい。